初夏の福島を彩る、赤い宝石 さくらんぼ

6月に入ると、福島市の北部を中心にさくらんぼの実が赤く色づきます。
フルーツ王国、福島のシーズンの始まりを告げる「さくらんぼ」の季節です。

あづま果樹園では、早生種の「紅さやか」、さくらんぼの王様「佐藤錦」、「正光(せいこう)錦」の3種類をお楽しみいただけます。

さくらんぼのシーズンは、あっという間にピークを過ぎます。
お早目にご来園ください。


 

紅さやか

【くだもの狩り・販売】 6月上旬~6月中旬
佐藤錦を元に開発され、平成3年に品種登録された比較的若い品種です。
早生種の中では粒が大きく、朱紅色で、熟すと紫黒色に色付く濃い色のさくらんぼです。
佐藤錦より酸味は強いですが、適度な甘みがありバランスのとれた味です。

正光錦

【くだもの狩り・販売】 6月上旬~6月中旬
せいこうにしき、と呼びます。
福島県伊達市の佐藤正光氏が「香夏錦(こうかにしき)」の自然交雑実生を発見して育成しました。
黄色い地に鮮やかな赤色。果汁が多めで酸味が少なく、しっかりとした甘味が感じられます。
ほかのさくらんぼに比べて固めの皮と感じる場合もあるかもしれません。

佐藤錦

【くだもの狩り・販売】 6月中旬~6月中旬
佐藤錦は百年以上前に開発された品種です。
開発者の佐藤栄助翁の名と、「砂糖のように甘い」果実であるということから命名されました。

佐藤錦は全国の生産量の7割近くを山形県が占めていますが、当園は山形よりも南に位置するので、山形県よりも少し早く熟します。
晴れた日は真紅の過日が緑の葉と青い空に良く映え、私たちが収穫していても本当に気持ちがワクワクしてきます。

お子さんにも大人気のさくらんぼ狩りをお楽しみください。

PAGE TOP